世界道路交通犠牲者の日

世界道路交通犠牲者の日 -World Day Remembrance for Road Traffic Victims-
 1993年にイギリスのNGOロードピースによって「道路交通犠牲者の日」が行われ、その後、ヨーロッパを中心に支持が広がり、2005年10月26日の第38回国連総会で毎年11月の第3日曜日を「世界道路交通犠牲者の日」とすることが決議されました。

国連決議(抜粋)
10.加盟国と国際社会が、毎年11月の第3日曜日を「世界道路交通犠牲者の日」とし、交通事故の被害者やその家族のことを適正に認めるための日として認識することを要請する。
 第38回国連総会(2005年10月26日)で採択された決議 

TAV交通死被害者の会

http://tav-net.com/world/world.html/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください